住宅模型

比較的審査に通りやすい

家賃保証システムは、比較的審査に通りやすいことで知られています。審査をする時の基準ですが、ほぼ収入になるといってよいでしょう。家賃を支払うことができるだけの収入があれば、家賃保証システムを利用することができます。どれぐらいの基準かといえば、12カ月分の家賃が年収の 1/3より少なければたいてい審査に通るといってよいでしょう。ただ、この場合でも過去に債務整理などをしている場合には審査に通らない可能性があります。

比較的広い範囲で保証してくれる

賃貸物件を借りる場合、家賃保証システムが利用できるところもあります。この時、いったい何を保証してくれるかを理解しておくとよいでしょう。保証内容の一つが、家賃を滞納した時の賃料を保証してくれます。つまり、借り主がうっかり家賃を滞納したか払うお金がなかったがあり代わりに家賃保証会社が支払ってくれる仕組みです。それ以外にも、引っ越しをする場合に残留物が出ている場合残留物の撤去費用を支払ってくれることがあります。

保証人がいない場合に利用できる

家賃保証システムを利用する目的の一つは、保証人がいない場合になります。通常賃貸物件を借りるならば、連帯保証人を必要とするところです。連帯保証人は、親兄弟などがなることがほとんどです。他人がなってくれることはめったにないでしょう。そのため、親兄弟がいてある程度収入があれば連帯保証人になることは可能になります。ですが、周りに親兄弟がいない場合には家賃保証システムを利用することにより物件を借りることが可能になります。

信頼を失わずに済む

これから家賃保証システムを利用したい場合には、その活用方法を理解しておくとよいです。賃貸物件を借りる場合は必ず家賃を支払うことになりますが、家賃も毎月確実に支払うことができれば問題ありません。ですが、長い間滞納してしまうと結果的に信頼が失われてしまう可能性もあります。1か月程度ならば問題ありませんが、3カ月以上滞納するような場合には債務不履行によりブラックリストに掲載される場合があります。もし一度ブラックリストに名前が掲載された場合には、5年から7年程度はブラックリストから名前が消えることはありません。ほかの物件を借りる場合でも、その時にブラックリストに名前が掲載されてしまったために借りることができない場合もあります。こうなると、賃貸物件を借りる時非常に不便になるでしょう。ですが、家賃保証システムを利用することにより、少なくとも家賃の滞納がなくなりますので信用を失わずにすむでしょう。